スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

レ―シック、受けちゃいました。3〜手術当日〜

 JUGEMテーマ:レーシック

 さてさて、ようやく迎える手術当日。
 失明したらどうしよう、いや絶対失明するんだ(←だからしません)という意味不明な不安を抱えつつ、とりあえず準備をします。

■手術の前に

 手術を受ける前の注意事項というのを予め渡されます。

 まず、当日は化粧禁止。
 粉ものが禁止なので、眉毛すら描けません。
 また、化粧水とか乳液も目の周りはつけられないとのこと。
 そこで、前日にしっかり保湿ケアして、当日は化粧水を目の周り以外にコットンでつけて終わりにしました。

 自己洗髪は1週間禁止。
 どうしてもするなら美容院か、ゴーグルつけてやって下さい(!)ということだったので、とりあえず前日はシッカリ洗髪しました。
 当日は整髪料禁止なので、なにもつけない髪のまま、スッピンめがねのまま病院に行きます。

 さらに、洋服も、細かい毛が飛ぶものはNG。
 Y眼科ではその程度しか指導されませんでしたが、他病院では、服の繊維まで指定があるようでした。それを参考に、寒いけどとりあえず綿の服を重ね着して行くことにしました。

 あと、これは自分でしたことですが、やっぱり靴はスニーカーが一番。
 足元がおぼつかない可能性があるので、ヒールにはしない方がいいと思います。
(ヒール履いてる人もいたけどね)

 さらに、付添い人もいたほうがいい。
 わたしは夫についてきてもらいました。
 LASEKは痛みがあまりないとのことですが、わたしは術後2時間ぐらいけっこう痛かったし、半目しか開けられない(開けてはいけない)ので、足元しか見えずものすごい歩きにくいです。
 ちなみに、付添い人がいる人もわたしだけだったけどね・・・(なぜだ・・・)。

■いざ手術

 手術は流れ作業なので、10〜15分おきに、次々と人が入っては出ていきます。
 遅れることもあるよ、と聞かされていたけど、ほぼ定刻どおりにわたしの名前が呼ばれました。

 まず入ったらメガネを外してロッカーに預け、保護用メガネを選びます。
 え?保護用メガネって選べるの??
という感じでした。確かに出てくる人出てくる人違ったメガネをしてて、おかしいとは思ってたんだよね。
 ちなみに、サングラスみたいなタイプから普通のメガネみたいなタイプまで色々ありました。わたしが選んだのは普通のタイプ。
 でも、後から考えると、帰り道は半目状態で相当あやしいので、サングラスタイプの方がいいと思います。

 この保護用メガネの装着期間は病院に寄るようですが、Y眼科は翌日の診察時回収でした。
 病院によっては1週間つけるところもあるようです。
 ちなみに翌日までは絶対外してはいけません。寝る時もそのまま。作りは普通のメガネなので、寝相が悪い人はどうするんだろーかw

 保護用メガネを選んだ後は、目の周りの消毒。
 そして点眼麻酔です。
 10〜15分くらい目を閉じて待ちます。
 このとき、簡単な手術の説明がありますが、すでに耳に入らないわたし・・・。

 目を閉じている間、ときおり、ビーンと機械音がするのですが、これはレーザーを照射している音。2回は聞いたから、その間2人は手術していたのだと思います。
 いやいや。音こわいし(笑)

 そして、この後どうなるの??
と思っていたら、いきなり手術室へ運ばれました。
 近視のまま裸眼なので視力はないし、緊張しているしで、すでにフラッフラ。
 手術台に横たわり、姿勢を整え、両手にゴムボールみたいなのを一つずつ握らされます。

 そして手術開始。

 ああ、思い出すのも怖いw

 まずテープで目の上と目の下を留めます。
 緑のランプを見てて〜と言われ、液体を噴射して目の表面を洗い、ドバドバと点眼。けっこう沁みるしこわいし・・・。
 その後、多分目を大きく開けさせるためと思われるリング状のものをはめられます。これでまばたきは不可になるのでちょっと安心。

 そして、機械で先生が目の表面を剥ぎます。
 何をしているのかは分からないけど、何かしてるのが分かります。
 その間も緑のランプを見ていてと言われるのですが、いや、もう緑のランプがどこにあるか分かんない。
 とりあえずそれっぽいところを睨む。
 ときどきふっと視界が戻ることがあるのだけど、そうすると緑のランプに位置がずれている(つまり自分の目が動いている)んですよね。もう必死です。
 先生にも、
「緑だよ〜緑だよ〜〜」
と言い続けられました。ごめん先生(笑)

 で、先生が目の表面をぺろっとめくります。
 これ、ハッキリと分かります。
 視界がまん丸くぺろりと剥がれて、いきなり視界が滲みます。

 その後、いきなり室内が暗転し、視界からも先生が消えます。
 とうとうビーム、、じゃなかったレーザー照射です。
 緑のランプが案外はっきりと見えていたような。もはや覚えていない。
 照射中、ビーンという音と、焦げたような匂い、そして何より目に圧力を感じます。
 感じるんです、圧力。

 こ  わ  い。

(こわい言いまくりですみません。びびりなんですわたし)

 焦げたような匂いというのも、なんか鉄線が焼き切れるような匂いで特徴的。
 何秒間照射していたかわからないけど、とにかく照射中はカッチリ固まってました。

 レーザー照射が終わると、剥がした目の表面をぺろっと戻してもらいます。
 いきなり視界が戻るのと、そして天井の緑のランプが、模様まで結構くっきり見えます。
 え?わたし目が良くなった??
 そんな感じです。

 目の表面を刷毛みたいなものでぺろっぺろっと撫でられる冷たい感触がして、またドバドバ点眼して、ようやく目を閉じさせてもらえました。

 はあ〜〜〜〜〜〜〜。
 終わった。

 と思ったら、今度は左目開始です・・・。

 ちなみに左目もほぼ同じでしたが、一度右目を終わって過程が分かってしまっただけにますます緊張していました。
 そのせいかはよく分かりませんが、左目だけ、
「吸引」
と看護師さんが言って、目を何かで吸引されました。
 ひっぱるような感覚があるのと同時に、一瞬視界がなくなります、
 説明書で読んでたからよかったけど、そうじゃなかったらショック死してたかも。
 ま、痛くはないのと、気を抜くわけにはいかないので、どうにか緑のランプを見つめ続け、手術が終了しました。

■手術直後

 手術が終わると、目を薄く開けるよう言われ、自分の足で歩いて戻ります。
 すでに、足元がけっこうはっきりと見え、明らかに視力がよくなったことを感じます。
 もともとわたしは、メガネをかけても0.4くらいになるように視力を矯正していたので(あまり出し過ぎると頭が痛くなるため)、それよりは明らかに視力がいい。
 緊張のせいでフラフラになりながらも、早速ちょっと感動しました。

 長い椅子のようなものに寝かされ、目を閉じて20分くらい安静にします。
 その間も、あまりの恐怖にグロッキーになってしまったわたしは、とにかくぐったりしてました。
 目は閉じても涙が滲んでいて、ゴロゴロするし、やっぱり少し痛いです。

 20分経って目を開け、看護師さんにまばたきの指導をされます。
 今日一日はフラップがずれるから目を大きく開けてはいけないし、強くまばたきをしてもいけません。ゆっくり半分目を開けて、ゆっくりまた閉じるように、と教えてもらいます。
 どうやら目が腫れているらしく、どこまで開けたら半目か分からない〜〜。

 その後、フラップがきれいか、異物混入していないかを簡単に先生が確認して、点眼をドバドバっとして、再び半目になって、やっとこさ、全てが完了しました。

■痛みと視力

 術後、麻酔が切れてくるとだんだん痛みが出てきます。
 あまり痛くないと聞いていたけど、わたしは結構痛かった。じんじんとする痛みです。
 目を開けたり、頭を振ったりすると痛みが増すので、ほぼ目を閉じた状態で、薄く目を開けながら歩く感じ。完全に足元しか見えません。

 涙が滲むし痛いし、それでも視力はよくなっています。
 帰りに夫と食べるものだけ少し買い出ししたのですが、薄目でも値札がけっこう読めました。

 夫がエピを受けたときは、もう両目から涙が止まらない状態だったけど、わたしは涙が滲む程度だったから、夫は相当痛かったのだと思います。
 やっぱりPKRにしなくってよかった・・・今だって相当痛いのに、これ以上痛いとかほんと無理。そんなことを考えてました。

 ただ、わたしの場合、痛みは2〜3時間でかなり落ち着いたので、それほど一日中痛みに耐えていたということはありませんでした。
 半目しか開けられなくて退屈なので、洗濯物干したり、薄目のまま頑張って携帯メールを返信したりしてました。

 20時すぎに一旦就寝したところ、夜中の2時半くらいに目が覚めてしまって、その時には目の違和感はほぼ0に。
 そろそろいいかな、とゆっくり目を普通に開けてみたけど問題なしでした。

 視力は、まだ少し安定していない感じ。
 見えてはいるんだけど、乱視が入っているときみたいに、遠くの物が二重に見えたりします。でも目を凝らすと見えるようになったり、これがまさに、”見え方がまだ安定していない”状態なんだな、と。まだ多分両目で0.7〜1.0くらいかなあ、という印象でした。
 ただ、その後少しパソコンを打っていたら、少し視力が安定してきた気がするので、時間と共に徐々によくなっていくのかな。

レ―シック、受けちゃいました。2〜検査当日〜

 JUGEMテーマ:レーシック

 さてさて、レ―シック記事の続きです

■病院について

 まずは病院選びなのですが、わたしは夫がエピを受けていたので、特にためらいなく同じ病院を選びました。
 実はぴのこの夫は医療関係者。
 その夫が「あの先生はうまい」というのだから間違いないだろう、という、いとも単純な理由です。実際、かなり地方の眼科さんであるにもかかわらず、口コミを見るとかなりの高評価。レ―シックだけで食べているわけではない一般の眼科さんなので、大量生産目的、商業主義的でないのも安心でした。
 価格は両目で10万5000円(税込)とむちゃ安です。
 友達紹介制度もあるようだけど、割引がきくのは5000円だけなので、まああまり気にせず診察を受けちゃっていいと思います。

 ちなみに、関西圏在住の方向けに、ぴのこがレ―シックを受けた眼科さんは、こちら
 近鉄新田辺駅の目の前にあります。
 わたしはここまで1時間くらいかかりましたが、やっぱり安心して受けたいので、頑張って行きました。

■検査当日

 Y眼科(なんとなく伏字)は、AM9:30〜から診察開始ですが、むちゃくちゃ混むよ!という夫の談を聞いて、9:15には病院に到着。本当は9:00には着く予定だったのですが、JRが遅れたんですよね
 中にはすでに先客が4〜5人。
 レ―シックの検査であることを告げると、専用の説明書と問診票を渡してくれます。
 この問診票を持っている人がレ―シック検査の人だな、と分かるのですが、その後多分7〜8人は検査に来ていたと思います。それ以外は、コンタクト目的の若い人や、白内障と思われるおじいちゃんやらで、診察室はすぐにごった返しました。

 ちなみに、この問診票でひとつトラブル(?)が。
 ぴのこはアトピーなので、ステロイドをたまに使用します。たまかつ少量ですが、一応問診票にチェック項目があったのでマル印。
 すると、受付の看護師さんに、「ステロイド使用中だとPRK(術式名)になりますからね」と言われてしまう。
 いや、あの、ほんとに時々たまになんですが!?
と訴えても、先生と相談してくださいの一点張り。
 かなり恐怖に陥りました。
 いやPRKがどういう術式かもよく分かってませんでしたがw
 何か特別な術式っぽいじゃないですか。
 そんなことならマルしなきゃよかった・・・と後悔しながら、とりあえず診察を待ちました。

 診察の前に、眼圧を測ったり、視力を測ったり、角膜の検査をしたりします。
 ここで、角膜の厚さだとか形だとかが引っ掛かると、適応なしになることもあるそうなので、ちょっとドキドキ。

 特に何も言われることがなく診察室へ呼ばれ、Y先生とご対面。
 対面するなり、
「問題はステロイド使用だけだね」
「他の病院はステロイド使用でうるさく言ったりしないけど、うちはステロイド使用の人はPRKだけにしてるの。その理由は・・・うんたらかんたら・・・(←ぴのこには理解不能)」
 ここで黙っててはイカンということで、
「あのっ。
 ステロイド使っていたのは2年前ですが、それでもだめですか?
 2年前に、アトピーで皮膚科で処方されて1か月くらい常用しましたが、その後は使っていないんです」
と説明。ちなみに実は、時々痒みがひどいときは、ほんの少量使ったこともあるけど、もうややこしいので省略。痒いのは指だからほんとに少量だし、1か月に1〜2回くらいだし。
 そしたらあっさりと、
「あ、そうなの?w
 じゃあ別にどの術式でもいいよ」
とのこと。

 はーーーーーーーーーーーーーーー
 よかった・・・

■術式について

 Y眼科では、術式が3つ選べました。
LASIK
Intra LASIK
PRK

 それぞれ、一応わたしが理解できたことだけ説明すると、
LASIK
 角膜が普通の人にはこれがおすすめ。
 角膜の表面を一旦剥いで、レーザー照射し、再び戻す(フラップ)。
 手術時間10分程度。
 痛みが少なく、翌日から仕事ができる。
 紫外線対策などは不要。
Intra LASIK
 手術時間60分程度。
 角膜の形が特殊な人向け。
 普通の角膜の人は、Intraにするメリットはあまりない。
PRK
 手術時間10分程度。
 昔流行ってたエピ・レーシックの旧式版。
 エピより古いということで古臭い術式と思われがちだが、先生の経験ではエピより結局はこっちの方がいい。
 角膜の表面を剥いでしまうため、痛みが3〜4日、長ければ1週間持続。
 1年間は紫外線対策が必須(そうしないと角膜が濁る)。
 角膜の硬性(?)、見え方はLASIKよりよく、ドライアイも少ない。
 先生的には一番おすすめなんだけど、まあ普通は選ばないよねw、とのこと。

※ちなみに、↑はぴのこが理解したところであって、正確な説明であるかは全く保障できません。参考程度にしてくださいね

 で、ぴのこが何を選択したかというと、

PRK

でした。はじめは

 なぜびびってたPRKにしたかというと、これもまた単純で、夫が受けたのがエピで、おすすめだと言っていたから。
 PRKがエピとほぼ同じ術式だと聞いたからです。

 でも、術式が決まって、予約まで決めた帰り際に、PRKを受ける人への注意書きというやつを渡されて、読んだところ、この紫外線対策ってのが異様にタイヘンなんです
 とにかく紫外線絶対禁止。
 外に出るときはサングラス+日傘(帽子)。
 マリンスポーツNG。
 ベランダに出る時も対策必要。
 窓際に座るときも対策必要。
 対策を怠って角膜が濁っても自己責任だし、再手術が必要となることもある。
 紫外線対策に自信がない人はPRKは受けないで下さい。
・・・と書いてあるんです。

 いやいや。

 は や く い え よ !

 仕事柄外出も多いし、忙しいし、お客さんの前でそんな紫外線対策ができないことだって十分あるわたし。
 そこまでしなきゃならないのなら、PRKなんて受けられません。サングラスだけならまだしも・・・。
 他の術式が選べなくて仕方なく、というなら分かるけど、他の術式も十分受けられるんならもういいよ〜〜普通のにしますっ
 ちなみに、エピを受けてた夫も紫外線対策は必要だったはずですが、彼はぜんぜん真面目にやってませんでした。サングラスのみ。それも半年くらい経ってもうしてなかった。
 怖くなって夫にTELしても(出てくれました。ありがとう)、いや〜〜そんなの言ってるだけだって、大丈夫大丈夫適当でw、とかいう。
 なんたらの不養生たぁこのことだっ
 でも、そんなのたまたま夫が運がよかっただけだし、ぴのこは気にしぃだからそんなの無理。

 ということで、病院を出て20分後くらいにTELで泣きついて、術式をLASIKに変更してもらいました。
 ちなみに、本当はTELでの術式変更はできないのですが、あまりに直後だったので、特別OKとしてもらいました。。


 そんなゴタゴタがあって、PRKの説明しかほぼ受けてないのに、適当にLASIKに変更したまま受けてしまっていいのという激しい不安を抱えつつ、手術当日を迎えます。

レ―シック、受けちゃいました。1〜まずは決意まで〜

JUGEMテーマ:レーシック

 え〜すみません。
 ネイルブログなのに、ネイルの話題ではございません。

 実はわたし、昨日とうとう、話題のレ―シックを受けてしまいました

 極度の怖がりなので、手術前後は相当びびってましたが、なんとか失明することもなく(笑)、無事裸眼でこの文章を打っています。

 けっこうレ―シックを受けるという話をすると、周囲も「え!興味ある!聞かせて!」という反応なので、こんな記事でも興味のある方がおられるかなあと思い、自分のメモ代わりとしても書かせていただくことにしました(実際、わたしも術前はたくさん体験された方の記事を読んだので)。

■決意まで

 さて、レ―シックを決意した理由ですが、ぴのこはもう小さい頃から慢性的な近視。
 小学校高学年ころから、黒板の文字を見るのにはメガネが必要になってました。

 中学生には確かコンタクトデビューしたと思うのですが、特に高校のころ、真面目にコンタクトのケアをしなかったせいか、ドライアイがひどくなってしまい、1日コンタクトをしているのがしんどくなってしまった。
 当然、勉強したり仕事したりするのにはコンタクトは使えず、今では仕事中はずっとメガネ。
 なので、職場の人はわたしがコンタクトをしていると、「え?コンタクト?」というし、逆に、プライベートの友人はわたしがメガネをしていると、「あれ、今日はメガネだね〜」と反応するという二重生活を送ってました。

 まあ、これでもメガネが似合う人ならいいんでしょうが、わたしは似合うといっても何かへんな風に似合ってしまうらしいんですよね。
 絶対言われるのが、「女教師風」。

 う れ し く な い し 。

 あとは妙にエロいとか。
 なぜ?
 自分でもメガネをかけている自分の顔は大嫌いです

 夫はもう5年ほど前に、エピ・レーシックの手術を受けていて、今でも両目2.0。
 ぴのこはメガネ男子萌えなので、夫がレ―シックを受けたときは「だまされた!」という気分だったのですが(笑)、手術後、メガネなしですきっと遠くまで見えちゃえているのは羨ましくもありました。
 ちなみに、夫も術前は、メガネなしでは這いつくばって移動しちゃうほどド近眼でした。

 ぴのこはびびりなので、術後数日は涙が止まらないほど痛そうだった夫の様子と、あとそもそも目を手術するということや新しい治療法であることへの恐怖、特に、ドライアイが必発であるという情報が一番ネックになって、すぐにレ―シックを受ける気にはなりませんでした。

 でも、転職することになって時間に余裕ができたことと、メガネ生活にほとほと嫌気がさしたこと、年齢的にもアラサーになって、あんまり若いうちにそんな手術するのは・・・とかいう齢でもなくなったこと、周囲でもレ―シック人口が高まったことなどが重なって、まずは検査してみよう、と受診したのがきっかけでした。
 検査の結果、全く適応に問題はなく、じゃあ手術日はどうしますか?となって、あれよあれよという間に手術してしまって、今日に至ります。

 迷っておられる方、まずは検査だけでも受けてみると、案外レ―シックへのためらいが消えちゃうかもしれませんよ。

 あんまり皆さまの参考にならないことをダラダラと書いてしまいました
 だって、早めに寝ろと言われたって、20時からベッドに入ったらもう全く眠くないんだもの。でもあんまり目を酷使するのはよくないと思うので、今日はとりあえずここまでにします。

 明日は翌日検診。
 レ―シックに興味がおありの方は、ぜひ記事の続きを楽しみにしてください

jazzでおとなしベージュフレンチ

 JUGEMテーマ:ネイル

 皆さま、明けましておめでとうございます。
 遅くなりましたが、本年初ネイル記事です
 essie jazz初塗り

 実はこのネイルの前に2つほどアートしていたのですが、一つはあまりにも手抜き過ぎて仕上がりも粗かったのでパスし、もう一つは久しぶりに大失敗して、即オフしてしまいました。

 本当は、新春になったことだし、そろそろ雪の結晶アートをしておかないと冬が終わっちゃう!ということで、ブルーグラデに結晶シールを貼った冬っぽいアートをするつもりだったのですが、諸事情で翌々日から2日間かしこまった場に出なければならないので、あえなく断念しました。

 フレンチもしたいなーと思っていたので、第二選択肢だったフレンチに決定。買っただけで使用していなかったjazzさんを使ってあげることにしました。

使用ポリ
 オルビス ネイルプロテクトコート
 essie #641 true love
 essie #304 jazz
 SUISUI ストライプライト(ゴールド)
 セシェ・ヴィート
 ゴールドスタッズ(四角)

手順
オルビス1度塗り。
トゥルーラブ1度塗り。
jazzでフレンチ2度塗り。
スイスイでフレンチラインをなぞる。
薬指にスタッズを置く。
セシェ1度塗り。

 久しぶりに使ったSUISUIのゴールドが、もうどろどろのダマダマになっていてえらい目に遭いました
 ちょっとやそっとではなく、大量の薄め液を投入してどうにか復活しましたが、まあ塗りにくいこと。ラインにかなり時間を要してしまいました。ただのラインなのに

 jazzは、購入した直後に、既に持っていたティクル・マイ・フランセイと激似と知ってしまい、なかなか手を出す気にならなかったかわいそうなカラー。
 でも、案外塗ってみたら、ティクルよりもベージュ味が濃くて、なんとか違う使い方をしてあげられそうです。何といっても、essieは筆が細いので、フレンチしやすいですよね。

 ところで、2012年はわたしにとって、大きな変動の年になりそうです。
 実は、2月から新しい職場に転職します。
 今の職場は、楽でお給料も良かったので、ある意味最高にいい職場だったのですが、人間ってぜいたくなものですよね。あまりの暇さ、仕事の退屈さに我慢ならなくなって、結局今よりもずっと忙しく厳しい職場に移る決意をしました。
 そのため、今年は何よりもネイルする時間がなくなってしまいそう。
 それに、仕事柄あんまり派手なネイルはできないので、フレンチとかグラデとかいった、シンプルなオフィスネイルが(もともと多かったけども)さらに増えていきそうな予感です。

 更新頻度や更新内容が貧相になってしまうかもしれませんが、もともと自分のネイル練習帳、そして備忘録として始めたブログなので、これからも細々ひっそりと続けていきたいと思います。

 こんなぴのこですが、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

スワロできらきら☆シャンパンネイル

 JUGEMテーマ:ネイル

 前回のネイルが結構気に入たので、今回もシンプル上品なネイルにしようと思い、以前してとても好みだったシャンパンネイルを再びやってみました。
 今度こそ、実物どおりに写真が撮れましたわーい
 前回はどうやらオルビスのシャンパンベージュを2度塗りしてたみたいですが、今回は1度塗りで、あとは同じです。2度塗りだと少しベースがオレンジ色になってしまうので、1度塗りの方がいいかも。
 人差し指と薬指のみ、買ったばかりのスワロをぽちぽち。

 それにしても、スワロの置き方に何のセンスもないことよ・・・今度からはちゃんとサロンさんとかを参考にしよう。。

 こういうパーリーなネイルって、ポリッシュならではですよね。
 不器用なわたしでもあっという間に塗れるくらい簡単だし。
 今回もなかなか気に入っております